疥癬-写真・治療・症状(犬・猫の疥癬についても)
疥癬-写真・治療・症状(犬・猫の疥癬についても)
トップページ疥癬の薬疥癬の薬

疥癬の薬

疥癬の薬

 

もし疥癬かな、と思ったらもちろんすぐ病院にいくことが大事だと思いますが、どんな薬が処方されるのか不安だったりしますよね〜。


前もってどんなものが疥癬の薬としてあるのか、調べていくのもいいかもしれません(^^)


(引用ここから)
▼駆虫薬(内用)
※ストロメクトール
疥癬虫に対し特効的に作用します。塗り薬を使わずに、1回の内服で治癒可能です。 2006年8月に正式に保険適応となりました。
▼イオウ(外用)
※イオウ剤、610ハップ(ムトーハップ)
イオウ剤は疥癬に対して正式に保険適用されます。ただ、その効果は今ひとつで、必ずしも満足できるものではありません。610ハップはイオウを含む市販の入浴剤で、その原液を約5倍にうすめて直接塗布したり、50倍くらいにうすめて湿布することがあります。刺激がやや強く、使いすぎるとかぶれを起こすので注意が必要です。
▼クロタミトン(外用)
※オイラックス
正式な適応症ではありませんが、疥癬虫に対して駆虫作用を示すことから、疥癬の治療に広く使われています。オイラックス単独で用いるほか、安息香酸ベンジルを混ぜることもあります。使用例として、7日間毎日、頚から下の全身に塗ります。副作用はほとんどありません。
▼殺虫剤
※1%γ‐BHC、5%ペルメトリン
γ‐BHCは殺虫剤の一種です。効果が高い反面、毒性や蓄積性が高いので、その点に十分留意しなければなりません。吸収が高まるローション剤は避け、基剤にはワセリンを用いるのが基本です。びらんや傷口のある部位は塗らないようにします。通常、成虫には1度の塗布で十分ですが、卵には効かないので卵がかえる5〜7日後にもう一度だけ外用します。安易な長期大量使用はいけません。医薬品ではないので、医師の責任において使用することになります。
(引用ここまで)http://www.okusuri110.com/biyokibetu/biyoki_cnt_05-17.html 病気別の薬ホルダー

 

調べてみて驚いたのは、疥癬の薬には飲み薬もあるのですね!


てっきり塗り薬ばかりかと思っていたので、2006年に正式に保険適用になったというストロメクトールという薬、疥癬の薬として特効薬と書いてありますし、すごいですね。


疥癬の薬の外用薬として保険適用されるイオウの効き目はイマイチとのこと。。


しかもかぶれなど副作用もあるなんて、これはちょっと使いたくないですね(^_^;)


オイラックスって、よく耳にしますよね〜。


疥癬の薬だけではなく、一般的な痒み止めでもあるのかな?


夏に蚊とか、虫刺されの痒み止めのCMで、女優さんが「助けて!オイラックスぅ〜!!」って叫ぶシーンがあったような。。


「殺虫剤」っていうと普通だと、ゴキブリや害虫をシューッと殺すスプレーを連想してしまいますよね。


疥癬の薬なんでしょうけど、医薬品ではないってことで、刺激の強いものを体につけなければならないようでちょっと抵抗ありますけど、体に疥癬虫がいるとなると我慢して使うしかないかな。


お医者さんと相談して、上手に疥癬の薬をつかって早く治療したいですね。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔